• ORIYAMAKE

    since 2011.11.22

  • Social Feed

    最新情報

  • 北秋田・森吉山麓に生息しています。

    命あふれる森吉が大好きな家族です

  • コンセプト

    ビジョンは「もっと森吉を好きになってもらうこと」

    モットーは「人は人と出会うことでしか成長しない」

     

    北秋田市で観光業を営むORIYAMAKEですが、観光と言っても「外貨獲得」や「交流人口の増加」には微塵も興味がありません。観光で一番プラスになると思っているのは、地域に住んでいる人が、観光客と接することによって良い刺激を受けることです。

     

    以前、農村体験ツアーのお客さんから「すごく綺麗な場所ですね」と言われたおじいちゃんが、翌日その言葉を思い出しながら周りを見渡してみたら「自分はこんなに綺麗なところに住んでいたのだと初めて気がついた」と言っていたのが忘れられません。

     

    地元の人と、外の人の接点をこれからも作り続けたいと願っています。

    家族紹介

    ・織山英行

    1986年6月19日生まれ。秋田県鹿角市出身、秋田市育ち。武蔵野美術大学映像学科卒。マタギ文化コーディネーター。

    2011年7月に東日本大震災をきっかけとしてAターンしました。2014年に狩猟者登録。北秋田移住定住サポーターにも登録していますので、北秋田市に興味のある方はお気軽にご連絡ください。

     

    今後やりたい仕事は「人間と自然との境界をもう一度あいまいにすること」マタギとは、四季をまたぎ、人間と自然の滲みの部分で生きることだと思っています。無闇にカテゴライズせずに、多種多様な命、秋田県で確認されている動植物の99%が存在する森吉山で、溢れんばかりの命に翻弄されながら、自分の道を進みたいと思っています。

     

    ・織山友里

    1984年7月25日生まれ。和歌山県和歌山市出身。北秋田市広報誌に4コマ漫画連載中。

    「元々インドアだったんですけど、移住してからはアウトドアが楽しくなってきたんです。近くに『桃洞の滝』という場所があって、そこへ向かう森の道を歩いていると、誰もいない静けさがあって、都会以上に“引き籠もれる”という感覚があります。これってアウトドアに見えて、実は“究極のインドア”だと思うんです」

    http://machinokoto.net/akita-iju-kitaakita-oriyamake/

    http://cocolococo.jp/8178

     

    ・織山芽子

    2011年12月24日生まれ。和歌山県和歌山市出身、東京経由、北秋田市育ち。

    おそ松さんでは「カラ松」推し。

     

    ・織山董子

    2014年1月17日生まれ。秋田県北秋田市出身。

    おそ松さんでは「十四松」推し。

  • モロビのように薫り高くたくましく

    Morobi no youni Kaori Takaku Takumashiku

    Crowdfunding&Community_FM

    地域接着型コミュニティFM

    【森吉山コミュニティFM開局準備会】

     

    困っていることを共有し、共に解決方法を探せる社会へ。

    里地里山の寄り添う放送局。ひとつながりの暮らしの場づくり。

    観光・防災・福祉のためのコミュニティFM開局を目指して活動しています。

    北秋田市内の情報をオーディオCMとしてYoutubeへ公開中。

    video_production

    視覚伝達業務

    【映像制作・編集代行業務】

     

    秋田内陸線沿線や、森吉山、四季折々の風景を記録し、DVD販売を行っています。その他Webページ制作や、チラシ・ポスターデザインも承っています。

    leather_craft

    食べてから買う、革。テーマは所有欲と矛盾。

    【皮革物語mitamama】

    狩猟の際に、獲物の皮はほとんど山に捨てられているって知ってました?

    なめし代も高く、売れない、自分たちは腐るほど持っているという理由。

     

    そんな状況を打破するべく、一頭一品一物語をコンセプトに、皮革製品を試作しています。差別化のポイントとしては、他の個体の皮と混ぜない(一頭一品)、金具を使わない(骨や牙、木材を使用)、その個体の肉も食べる(衣食同源)の3つ。日常の中で、ともに歩むというか、共存共栄を大切にしたいと思っています。マタギ文化発祥の地である、北秋田でしかできないことを追求します。

    Kissa_nemorida

    疲れた体に水と森の恵みを。

    【喫茶店運営業務】

     

    森吉山ダム完成に合せて組織された地元の農家4家族の集まり。ダムの水源地域活性化のため、無理せず明るく楽しくできることを日々積み重ねているところ。

    毎週土・日に森吉山ダム広報館で喫茶ねもりだを運営しています。

     

    里山をたのしむ、里山をたしなむ。一般的には馴染みの薄いクロモジやコハゼを使ったメニューも販売しています。野草茶、100%植物性アイス、自家製酵素シロップをお楽しみください。幻の森吉牛を使用した森吉山ダムカレーを2016年6月より販売開始しました。今後は天然の山野草を使用した手芸用品や染物を販売予定。

    Guest house

    普通の宿より、不便です。

    命あふれる森の里で、山小屋のようなゲストハウスを計画中です。

    テーマは「森の港」2017年オープン予定。

     

    その他、空き家を活用したお試し移住体験を実施しています。

     

    「マタギと一緒に山中泊プラン」(通称:マタギLIVE)

    1.マタギと一緒に山歩き

    (夏はウォータートレッキング、冬はスノートレッキング)

    2.山のモノを山で採って、その場で食べよう!

    3.森吉山麓の豊かな生態系を夜の闇で最大限に感じよう!

    ※基本的な宿泊キットはレンタル可能です。

     

    My house like a mountain hut.

    you can feel the great nature and tradition of Japan.
    I'm be happy if you can help you.

    nokony

    Dried Plants Arrangement

    【ノコニー通販部門・広報ブランド展開担当】

    Coming soon...

  • media

    Youtube

    わたしが秋田を選んだ理由

    移住促進PR動画で紹介していただきました。

    4000年前から変わらぬもの

    2016年度あきた手作りCM大賞参加作品

    再考マタギ文化

    2015年度あきた手作りCM大賞参加作品

    山笑う 森吉山に咲く笑顔

    2014年度あきた手作りCM大賞参加作品

    禁断の多数決

    【真夏のボーイフレンド】

    ミュージックビデオ制作

  • Contact Form

    Twitter

    Mail

    Phone

    Youtube

    Instagram

    Blog

  • ACCESS

    【お車をご利用の場合】
    ●東北自動車道/十和田I.C.から約1時間30分
    国道103号線→285号線→105号線経由
    ●東北自動車道/鹿角八幡平I.C.から約1時間30分
    国道341号線→県道22号線→県道214号線経由
    ●東北自動車道/盛岡I.C.から約2時間30分  国道46号線→105号線経由
    ●秋田自動車道/昭和・男鹿半島I.C.から約1時間10分
    国道7号線→285号線→105号線経由

     

    【高速バスをご利用の場合】
    ●鷹巣(いとく鷹巣SC)から約50分 
    ◆夜行高速バス「ジュピター号」池袋・大宮発
    http://5931bus.com/kosoku/jupiter.html

     

    【電車をご利用の場合】
    ●秋田内陸縦貫鉄道/阿仁前田駅下車  駅より約10分
    ◆秋田内陸縦貫鉄道 http://www.akita-nairiku.com/

     

    【飛行機をご利用の場合】
    ●大館能代空港から約40分 
    ◆全日空スカイホリデー http://www.ana.co.jp/asw/
    ◆大館能代空港 http://www.odate-noshiro-airport.com/

    〒018-4512
    秋田県北秋田市根森田字仲ノ又131
    電話&FAX : 0186-75-2129

     

    oriyamake>>>
    Aza Nakanomata 131, Nemorida, Kitaakita, Akita, 0184512
    Japan
    Phone: +81-186-75-2129

     

    oriyamake@icloud.com

  • OTOIAWASE